Welcome to my blog

光の音

ARTICLE PAGE

棚田で逢いましょう。

  • CATEGORY田んぼ
  • PUBLISHED ON2017/ 04/ 21/ 06:39
  • COMMENT10

10 Comments

ふうこ  

レイたん こんちは
写真展 いよいよですね。

レイたんの田圃の季節がやってきた^^
今年もどんな”会話”が聞けるか楽しみです。
ちょっとひとやすみ ふっと緩んだ緊張感
見せてねv-353
23日に外での朗読会に参加します。
”美人””2年”このアクセントに汗たらたらv-388

2017/04/21 (Fri) 17:01 | EDIT | REPLY |   

hurari  

いよいよ始まりました

ひと手間、ふた手間、ひと休み、ふた休み、自然の恵みを頂いて、実りの季節までが始まりました。棚田の風景詠んでくださいね

2017/04/22 (Sat) 02:07 | EDIT | REPLY |   

レイ  

ふうこたん、おはようございます。
コメントをありがとうございます。

今回は関東近辺のネット友さん10人ほども来て下さるのでドキドキです(^^ゞ
ふうこたんは23日が本番なんですね!
頑張れ~ホント!普段何気なく発している言葉でも聞いて戴くとなると本当に大変なんでしょうね。

ハーイ!今年も普段着の温かな田んぼを撮りたいなと思います。
時々、田んぼ便をお届けしますね^^

2017/04/22 (Sat) 06:57 | EDIT | REPLY |   

レイ  

hurariさん おはようございます。
コメントをありがとうございます。

機械化されて随分楽になったとは言え、一年かけてのお米作りはご苦労が多いと思います。
雨の日、風の日、田んぼを想う心は親心に通じるものがあるのでしょうね。

2017/04/22 (Sat) 07:00 | EDIT | REPLY |   

otome  

レイさんこんにちは。
のどかですね~こんな場所はだんだん少なくなっていますね。
もしかしたら、保存されてる場所?
農道が広くなり軽トラが行き来し、田んぼは大きな広さになってきました。
管理して保存していくのは大変でしょうが残してほしいですね。

2017/04/22 (Sat) 16:32 | EDIT | REPLY |   

レイ  

otomeさん おはようございます。
コメントをありがとうございます。

そうです^^ここは保存された棚田、日本棚田百選の大山千枚田です。
オーナー制度が出来てみんなの力で守られているようです。
ホント!最近は用水路もコンクリで固められ、蓋をするようになってきましたね。
安全のためには仕方ないかなと思いつつそこで見られたミゾソバやツルリンドウが見られなくなったのが残念です。

2017/04/23 (Sun) 05:49 | EDIT | REPLY |   

とりだおれ太郎  

これ!これ!!
やはり、レイさんの田んぼ写真は流石です。

ミレーが農民画家なら、レイさんは農民写真家!?

稲の成長と共に写真掲載してくださいね。

2017/04/23 (Sun) 14:05 | EDIT | REPLY |   

takanori  

棚田風情

こんばんは
棚田って北海道は ほとんど見ることが出来ません
恥ずかしいけれど「棚田」って何?と長いこと思っていました。
北海道は「田んぼ」
棚田風情は憧れです。 人物の配置は上手いなあ~
いつもながら感心! さすがです。

中々 素直に春がやって来ません
桜もいつ咲いたら良いのかと 迷っている?
札幌はゴールデンウイークが見ごろと言われています。
25日から孫たちとは二度目のハワイを楽しんで来ます。
滞在期間が少し長いのでゆっくりと・・・
私はグルメより写真
ショッピングより写真です。
しばらくお邪魔できません。
帰国後 また宜しくお願いします。

2017/04/23 (Sun) 19:22 | EDIT | REPLY |   

レイ  

太郎さん おはようございます。
コメントをありがとうございます。

いつもながら上手い表現!
農民写真家とは嬉しいことを仰って下さる^^
今年も田んぼのあれこれをお伝えできたらと思います。

2017/04/24 (Mon) 05:46 | EDIT | REPLY |   

レイ  

takanoriさん おはようございます。
いよいよ明日ですね^^
お孫さんとのハワイ滞在を楽しんできてくださいね。
お気をつけて行ってらっしゃいませ~(^_^)/~
お帰りの頃には桜も咲いているでしょう。

棚田の歴史はそのまま日本の近代史と重なるかもしれません。
貧しい時代に地に這い蹲るようにして命の糧を作っていた人たち。
それは北海道の開拓史にも共通することですね。

2017/04/24 (Mon) 05:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment