Welcome to my blog

光の音

ARCHIVE PAGE

archive: 2007年01月  1/1

若さ

仕事帰りに これまたバイト帰りの娘と待ち合わせて、梅を見に行きました。一月最後の日曜日と言うこともあってか 境内は芋の子を洗うような状態です。肝心の梅はチラホラ程度・・・しかも、高い所に咲いていたので 背伸びをしながら撮りました。「ちっちゃいね~」と茶化す娘に「小さいのは損だわ~」とマジメに答えてしまった。池の石を渡る娘・・・後姿も若い!!...

異形

田園地帯を車で走っていた時、不意に姿を現した風力計?車窓越しにチラチラ見て 落ち着かない気持ちになりました。フロントガラスのまん前に迫ってきた時 とても怖かった。大きな目で見下ろされているような・・山を跨いで こちらに来そうな・・・以前 同じ形(小型でしたが)のモノが沢山並んでいたのを見かけたことがあって、その時も白装束の集団やkkkを連想しました。人が作った物なのに 何故怖れを感じるのか・・・怖...

ニュータウンの夜明け

前々からやってみたかった事。待って朝日を撮ることです。なかなか、機会が取れないでいたのだけれど、今日は夫が早朝出勤で私は休み。6時に家を出て、いつもとは反対方向の街中を歩きました。私の街では夕日は田園地帯に沈みますが、朝日は、家々の間から昇ります。どんどん歩いていくうちに、どこから陽が昇るのかわからなくなって・・・結局、家の近くをグルグル回りながら、待つことにしました。最初、薄青に染まっていた空が...

鉄塔

この土地に越してきて8年。朝夕の散歩のコースは大体決まっています。田んぼを抜けて、鉄塔を見ながら30分ほど歩きます。毎日、見ている景色なのに、毎日違う。鉄塔がこんなに美しいなんて昔は知らなかった。朝靄の中に浮かんでいたり眩しいほどの青空をバックに立っていたり薄っすらと暮色がかかっていく様子を見つめていたり飽きることがありません。私にとっての最高の景色。...

愛の言葉

No image

週刊文春に掲載中の「新 家の履歴書」が好きでついつい買ってしまいます。自分の住んだ家の履歴を振り返りながら その方の人生が語られます。今週は宮城まり子さんでした。歌手になったいきさつ、ねむの木学園の設立、吉行淳之介さんとの恋愛・・・4ページにわたるロングインタビューですが、読んでいて飽きることはありません。昭和という時代を誠実に生きていらした方の記事はこう結ばれています。「~略 私は淳之介さんから...

写真

最近 外の写真が撮れません。朝は焦っているし、帰って来る頃は真っ暗です。今日は市長選の投票日だったので、抜け出すことが出来ました。あちこちキョロキョロして不審人物丸出し。民家の庭先にポツンと咲いたバラを見つけました。曇天の冬空をバックにしたら、面白い写真になりました。「孤独なバラ」タイトルだけは立派!私は写真の良し悪しがわかりません。好きであるか そうでないかだけ・・・自己満足ですが 好きな一枚に...

聖書の沈黙

美術館に行く度、歴史や宗教の知識が足りないことを痛感していた。そんな時 ネットでピッタリの本を見つけて購入。自分の持っている古い聖書と突き合わせて読み始めた。でも、まだ足りない。聖書の前理解が全然出来ていない。私の母校はキリスト教系だったので、少しはわかっているつもりだったのにな~なまじ 聞きかじっているから「アア そういう背景ね」と早飲み込みしてしまう。で、図書館から聖書を読む為のテキストを借り...

お蔵入り

次男が自分の練習にもなるからと フラッシュファイルを送ってくれた。大喜びでHPのトップに貼り付けたものの、メニューへのリンクがうまくいかない。あれこれやって 何とかできたかなと思ってプレビューしてみたら・・・アーッ やっぱり私の子。夢を見た後は目覚めるの!又 寝てどうする!...

娘を交えて身内と食事に行った時、多分 お酒の勢いもあっただろうけど、「○ちゃん 医者になれ」と言いだした人がいた。「えーッ 無理ですよ~」と笑って返すと「じゃあ 薬剤師、看護士、栄養士・・・○ちゃんならなれるよ。勉強が好きなんだから。調理師、ガードマンでもいいよ。ともかく、病院の側にいた方がいい!一生治らない病気なんだし、再発するかもしれないしね。」と一気にしゃべって又お酒をグビグビ。酒癖悪し(笑娘...

レディ

いつもの道で時々出会う人。初めて見かけた時はショッキングピンクのスエットを着ていた。足元はナイキにシューズ。キャップから見える金髪。濃い色のサングラスをかけて ご主人らしき男性と手を繋いでいた。ある時は 光沢のあるグレーのコートを羽織って、ある時は 黒ずくめのスーツにゴールドのベルトを締めて。年齢的には60代かな・・・手にはいつも白杖。でも、ハンデを感じさせないようにキビキビとした歩き方。ともかく...

一人も楽しい

演奏会やお祭りに一人で行くのはつまらない。体感するものをその場で分かち合いたいから。美味しいものを食べる時もそうかな。綺麗な景色、建物は趣味の似ている人と二人で行きたい。ゆっくり歩いて じっくり楽しむ。自分の知らない事を教えて貰えるのも嬉しい。絵や好きな映画は一人で見たい。どんなに気心の知れた人でも、見るスピードや好みが微妙に違う。自分の中にジワジワと湧き上がってくるモノを反芻する時間が好き。どの...

2007年

広げるよりも深めよう。想いは似ていても、形はそれぞれ。理解できなくても 共感はできる。自然は対価を求めない。私もそうありたい。...