命日

今日は父の命日。
実家には帰れなかったけれど 一日父を思っていた。

父は一言で言えば野心のなかった人。
遣り手の祖父が結核で死んだのは 父が11歳の時。
波が引くように周りから人がいなくなったそうです。
忌み嫌われる病気で死んだせいか 焼き場に祖父を運んでくれる人もなく 途方に暮れたそうだ。
出入りの運送屋さんが哀れんで 二人でリヤカーを押して行った。
その時の夜道が忘れられないと良く言っていた。

その為か 何時も心の底に冷めた部分を持っていた人でした。
12歳で進学の為に家を出て 大学卒業で帰郷。
その10年間以外は静岡の片田舎で暮らして、一生を終えた。


生まれた所で死んで行く。
苦労も多かっただろうけれど 幸せな人生だったと思いたい。
私には 申し分のない父でした。a 057

Comment

  • otome
  • URL
まぁ~~

レイさんこんばんは。
きょうはお父様のご命日でしたか・・
偲んでおもいを馳せるのが一番のご供養ですね。
きっとレイさんのすぐ側で見守って下さってることとおもいます。

素敵な美しいレイさんにお目にかかれたのが嬉しいです。
日ごろのレイさんは仮の姿かしら・・・
それとも月日が変えたか・・・
とっても活発で開放的、人情があり楽しい方に感じました。
夕焼けを見る為ベンツをこいでぶっ飛ばしたり、スニーカーでどろんこになったり・・・想像できません。
<(_ _)><(_ _)>

  • レイ
  • URL

おとめさん サイコー!!!
こんな楽しいコメントを下さるなんて!
お腹が痛くなるほど 笑いました!

>月日が変えたたか・・・
写真の私に +しわ+しみ+くすみ♪
なかみは変わってないですね~
この頃も夢中になると 我を忘れてました~

笑って過ごせた命日。
父も喜んでくれると思います^^
おとめさん ありがとう~~~~~~~~~~~~
サイコ~^^

  • タタン
  • URL
父。

私の父は家族を捨てました(笑)
なので父の面影がいまいちないですが、感謝の気持ちはありますね。
人は2度死ぬと言いますね。
お父さんちゃんと生きてますね。レイさんの心の中でずっと。これからも・・。

  • レイ
  • URL

タタンさん 今晩は^^
そうでしたか・・・
お父様の分まで お母様がタタンさんを慈しまれたんですね~
今のタタンさんとお話していればわかります。
タタンさんが お父様に「感謝の気持ちがある」と言えるようになるまで 沢山乗り越えるものがあったでしょうね。
私にとっても タタンさんは大切なお友達です。
これからも いっぱいお話ししてくださいね^^

  • tunko
  • URL
誰かが自分を忘れないでいてくれる

誰かが自分の為に泣いてくれる。
それがたった一人でもいいのです。
幸せは、その人のものさしで測るもので、
 人のものさしで測るものではないのです。
ましてや、人と比べるものでもないのです。
お父さんは、きっと幸せだったに違いありません。

何時までも、家族が忘れないでいてくれる。
だから、側で見守っていてくれる。
生まれ変わっても、縁は消えない。
今までもこれからも、変わらない繋がり。縁。


しかし・・・・。
レイたん、びっじ~ん!!ビックリです!!ずっこいです!!
tunkoはいまだにガキ・・・・。
な・・・・なぜ????
この差はなに・・・・???
あっ、きっと、身長差かな・・・v-16
いくら昔のものです、tunkoの写真なんて貼ったら『猥褻物陳列罪』できっと逮捕だわ・・・・・(^^;

  • レイ
  • URL

つんさん こちらにもコメントくれてありがとう~
命の現場に居られるつんさんの言葉、噛み締めています。
毎日の生活の中でも 自分の物差しを忘れてしまう事があるの。
精一杯 やっているつもりで 何が足りないの??
って 傲慢な心が頭をもたげます。
つんさんとお話ししていると 柔らかな心が戻ってきます^^
ありがとう~

私も チッチャイ~。
ボン、キュッ ボーンになりたいな~

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback