山々

私の出た小、中学校は過疎化のあおりを受けて もう とうに無くなっている。
それでも 慣れ親しんだ校歌はまだ歌える。
どちらの 校歌にも
「連山」やら「森」やら「明石」やらの言葉が使われていて 山の学校だったんだな~

今回の旅の目的は 勿論 風の盆だったけれど おまけみたいな副産物もあった。
車窓から見た山です。
aaa.jpg
長野県に入ったあたりから 青い山なみが見えてきて・・・
それは 私が子供時代 朝な夕なにみた景色に似ていた。
上天気でなかったのも かえって良かった。


                  aa.jpg
ガスの上がっていく様が 刻々と変わっていく。
なんて 美しいんだろう。
窓にぺったり顔を付けていると、後ろの女性から
「何を見てるの?何を撮っているの?」
と声がかかった。
マア 人から見たら 変だったかも・・・

                          aaaa.jpg

Comment

  • ふうこ
  • URL

おはにん
いい旅でしたね。
幼い頃から毎日見てるものは当たり前で感動すら
なくなるものです それが大人になり年を重ねる
ことによって懐かしさに変わるのでしょうね。
特に似たものを見つけた時は記憶が戻るのでしょう
自然の偉大さも大きな視点です。

  • レイ
  • URL

ふうこたん ただいま^^
「自然は大きなホスピタル」ってCMがあるでしょう。
病院かどうかはさておき(笑) 劇場であり 広場であり 又 心でもあるんですよね~

自然が与えてくれるものを そのままに感じる事が 何よりの恩返しかな~
理屈じゃないよ 心だよ!
って言いたいんだけど なんとか言葉にして表したい。
そこが 一番の悩みどころです。

ふうこたん 添削してくれない?

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback