異形

田園地帯を車で走っていた時、不意に姿を現した風力計?
車窓越しにチラチラ見て 落ち着かない気持ちになりました。
フロントガラスのまん前に迫ってきた時 とても怖かった。

大きな目で見下ろされているような・・

山を跨いで こちらに来そうな・・・

以前 同じ形(小型でしたが)のモノが沢山並んでいたのを見かけたことがあって、その時も白装束の集団やkkkを連想しました。

人が作った物なのに 何故怖れを感じるのか・・・
怖れの中には 畏敬の念が含まれているのか・・・
自分でもわからないのだけれど、頭を垂れると言うより ひれ伏したいような気持ちです。

山の向こうから現われた デイダラボッチ


28.jpg

Comment

  • puku
  • URL

分かる!その感じ!レイさんも?

今まで、いろんな人に話したけどみんなピンと来ないみたいだった。私は、人間が作った大きな無機質な建造物が恐い・・・子どもの頃はテレビ画面に映し出されるダムのコンクリートの壁がとても恐かった。橋脚や、大きな貯水槽・・・なぜ恐いのか自分でもよく分からないけど。山や、木や、家屋は聳え立つような大きなものでも恐くないのに。コンクリートの無表情な質感が私の神経を恐怖の腺をピンセットでつまむ。生体反応のない得体の知れないもの・・・本能が恐いと言っている・・・

確かに無機質なモノって怖い気がする。特にこの写真のは鋭くシャープな感じがするから・・でも美しい彫刻のアートにも見える。
ヒトが作るからこそ怖いんだよ、ヒトはやさしさの反面怖さももっている。私はそう思う。だからこそ興味をそそられる気がするんだけど・・

  • レイ
  • URL

オオ ぷくちゃん わかってくれる?
私ね、恐怖を溜めておけないから、周りに話すの。
「鉄塔だって同じでしょ」って言われるけど、ちが~う

ダムの壁、ダム湖も怖い・・・
水って動くものなのに、じっとしてる。

>無表情な質感が私の神経を恐怖の腺をピンセットでつまむ。生体反応のない得体の知れないもの・・

やっぱり、ぷくちゃんはすごいね。
本質をズバリと表現してるわ。

すごく残酷なノン・フィクションを読んだ後みたいな気持ちなの。
昔の人が感じた「鬼」ってこれかな~
同じように感じてくれる人がいて良かった。
コメントしてくれて ありがとう^^

  • レイ
  • URL

かおちゃんは アーティスティックな感じ方が出来るんだね!

私もシュールレアリスムは嫌いじゃないの。
機能美も美しいと思う。
でも、これは単純に怖い。
恐怖の意味を考えたくない・・・

美術作品として見たら、感じ方も違うのかな?
かおちゃんなら、草間彌生さんを理解できるかも。
かおちゃんは ホントに鋭いね~
小説の展開に又、ドキドキ・・・ 

見てくれてありがとう^^

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback