普通

午後 娘がバイト先で倒れて、救急車で運ばれたと連絡が入りました。
すっかり 動転してしまい、病院に駆けつけるまで自分がどう行動したのか覚えていません。
診察の結果は 「胃腸炎」と言う事で、すぐ帰宅が許されました。

娘の話によれば バイト先に着いてから気持ちが悪くなり 何度か嘔吐。その後 気を失ったらしい。
心配したバイト先の人が救急車を呼んでくれたそうです。

夫の顔を見た途端 緊張が緩んだのか 涙が出そうになりました。
夫が休みの日で良かった!

夫と娘を一足早く家に返して薬を待つ時間・・・
結果としては 本来の病気と関係ないのだから ホッとしていいはずなのに、心が晴れません。
どうしてだろう・・・
夫が迎えに来てくれて
「ドキドキしてる?」と聞いた時、
娘から電話が入って
「ゴメンね 心配かけて」と言われた時、
「大丈夫!」と答えたけれど 私が動揺してどーする!!!

私は「普通」にこだわりすぎるのかもしれません。
病気で 休学中の娘。
だけど バイトもしているし、予備校にも通っている。
友達とも遊ぶし、進学も目指している。
普通の17歳 普通の女の子。
そうあって欲しい という気持ちが強すぎるのか・・・

次々に突きつけられる現実に自分の気持ちがついていけないのかな~
揺り戻しのように 良い部分だけをピックアップして 帳尻合わせをしている気がする。

自分の気持ちくらい 自分で何とかしなければ!

Comment

  • otome
  • URL
お疲れ様でした。

レイさんこんばんは。
何事もないようにBBSのお返事下さってどうもありがとう・・
レイさんの動揺が伝わってくるような言葉がいっぱい・・・・
ご家族の優しい言葉にホッとしました。
お疲れが出ませんように。

  • レイ
  • URL

おとめさん おはようございます^^
ご心配かけてゴメンなさい。
昨日は ドキドキが収まりませんでしたが 一晩寝たら落ち着きました。
切り替えの早い所が私の長所でもあり 欠点でもあり(笑
娘もぐっすり眠れたようです。

おはようございます。
落ち着かれて良かったです。

  • レイ
  • URL

おとめさん 今晩は^^
気にかけて下さってありがとうございます。
吐き気も収まって大丈夫のようです。
私も午後から仕事に行けました。
帰ってきて bbsのおとめさんのカキコを見ると ホッとします。
いつもありがとうございます。

おはよう!
レイたん、家族を持つと心配なことはきっときっと多いよね。いつどこでどうなるか、わからないからこそ、その日その日を大切にきちんとしていたいんだものね。娘さんきっとデリケートでいらっしゃるんだよね、今の世の中、ストレス社会だもの・・
自然と完治していく・・心身共に強くしなやかになっていかれること祈ってます。
レイたん、あたしが言う資格はないけど、決してヒトと比較しちゃダメだよ。゛自分は自分、守り神はかならずいる゛私はそう思うことにしているよ。

  • レイ
  • URL

かおちゃん おはよう^^
そうだね。私は知らず知らずの内に比べているのかもしれない。
制服の子を見かけると 目で追っちゃうんだよ。
ダメコだ~
ハイ!かおちゃんの言うとおり これからはなるべく人と比べない様にします。
アリガト^^
しなやかに したたかに!だよね^^

  • ぷく
  • URL

こんにちわ!大変だったね。でも、大事に至らなくてよかったね。
でも、体中から力が抜けたでしょうね・・・

子どものことって本当に心配。病み上がりの娘ちゃんのことなら
尚のこと。
でもさ・・・母親って子どもの心配するために存在してるんじゃ?って最近思うの。子どものささいな事で、動揺したり、悩んだり、
それが、子どもに伝わって心配されてるってしみじみ思うことも
子どもにとっても大事なことじゃあないのかな?
親も実はとっても不完全で、時には心配のあまり、自分を傷つけてしまうことさえある存在だってことさえ、いつかいとおしく思ってくれる日がくると思うの、だって、いま私が、亡き母に対してそう思える
から。
いつまでも発展途上母で私はいいと思うんだァ・・・

  • レイ
  • URL

オオ ぷくちゃん 見てくれてありがとう!
日頃 脳天気な私も娘っ子の事となると 我を忘れちゃうの。
そんな私を見るのが 娘は一番辛いんだって。
一喜一憂するのは やめようと思うんだけどね・・・
敏感な子だから 私の心配を先回りして言わなくなるのが怖い。
私も あの子の行動を制限したくないんだよね~

ぷくちゃんの言うように 不完全な母でいいとしたら 随分気が楽になります。
そうだよね^^
子供が育つように 親も育つ。
私も以前よりは 図太くなった。ホント ありがとね^^

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback