気分はカピバラ

年末から帰省していた子供達もめいめいの暮らしの中に戻り、今日から普段の生活に。

まだ○○がやってない・・・
今のうちに▼▼をやっておかないと・・・
もうすぐ◆◆の期限だ・・・

そうやって、継ぎ接ぎの毎日を繰り返している。
忙しがっているだけで、何も生み出さない。
突き上げるような衝動も
震えるような感動も見逃して
小手先だけの言葉をこねくり回している。

昨年、私が尊敬している人たちが相次いでサイトを閉じられました。
アルさん、kuroさん、ゆのさん。
それぞれに形は違っても本物の言葉を持つ方たちです。
その言葉に会うたびに心を揺さぶられた。
自分も恥ずかしくない言葉を持ちたいと思った。
又、最も多くの慰めを貰った小町のトピックはレスが規定数を越えて年末に終了となりました。
メンバーの方たちとは再会を約してPart2を立てようと思ったのですが、掲載されません。

淋しくて胸に穴があいたようです。
それでも皆さんと同じ時間を過ごせたことは私の宝だ。
出会いがあれば別れは必ずやってくる。
「もう、終わり!」を受け入れることが第一歩!

終わりは初めの始まり。

遠く離れても、もう会話ができなくても、どこかに振り返ってくれる人がいる。

それで十分。


拘らず、囚われず思うがままに。
奇をてらわず、素直な心で。

今年もどうぞよろしくお願い致します♪

時代はカピバラです。ボーッと・・・aボーっ1


えっ?(笑)