大賀蓮の開花

大賀ハスは、1951年、千葉県千葉市検見川(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)にある東京大学検見川厚生農場(の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花したハスです。

蓮の発芽に尽くされた大賀博士の名前から「大賀蓮」と呼ばれています。

千葉公園の大賀蓮は今日、明日がピークだと聞いたので、朝一で見てきました。
この大賀蓮は我が家にも縁があります。
中学の時、大賀博士の本を読み植物学を目指すことを決めた次男は博士と同じ大学に進み後輩になりました。
大賀ハスa
大賀ハスc

Trackback