山の合唱

大風が吹いて 山がうねる。
若葉達は 大きな円を描いて 体を踊らす。
初めて歌う歌。
誇らしげに葉の裏と表を 交互に見せれば 山には白い花が咲く。
見事だ。

濃い緑たちは ユサユサと揺れ 若者達を後押しする。

サワサワ ザンワザンワ ドッドドッ 
サワサワ ザンワザンワ ドッドトッ
美しい風よ
美しい山よ
美しい緑よ

歌え!DSC08487.jpg

Comment

  • bero
  • URL

大声で 高らかに合唱し続ける 若葉に
席を譲る お役目終了の老葉 今まで お世話になった木に
別れを告げ 落葉
木の根元で 堆肥として もう一度木に ご奉仕。

譲り葉の話を聞いたときのことをふと 思い出しました。
自然には 無駄がないと

無駄固まりの生活・・・

  • レイ
  • URL

beちゃん おはよう^^
>譲り葉の話・・・
聞きたい、聞きたい 又 教えて~
        ↑
    知りたがり♪

無駄のない生活なんてないわ~
後悔も反省もしこたまあります。
その時は 「必要」だったんだと言い訳もしとります。
煩悩のカタマリ。
まあ いいよね^^

いつも ありがとう^^

  • otome
  • URL
山が笑う・・

TVで最近知ったことですが萌黄色にの彩りにかわりつつ山並みを山が笑うというそうですね。
風の日は木々の大合唱・・・今度風が吹くのが楽しみです。

  • bero
  • URL
ユズリハ

ユズリハ(譲り葉) は、春に新しい葉が出て古い葉が落葉する様子が、席を譲るように見えることから命名された常緑高木

この木の 話をもとに 小学生のころ 担任の先生から 昨夜の話を聞き ました。 たぶん光合成のことを 学んだとき。

若葉の方が 木にとって有益だと思い 古い葉が 日当たりのよい枝先から場所を 譲るがごとく 春なのに落葉するのだと。
そして微生物により 堆肥化して木に 再度奉仕することも。
山の中での落ち葉は 肥料にもなるし やがて土に 多くの反映の源にも なるのだと
うまく伝えられなくてごめんね。

子ども心に なぜか心に残る話だったので 山が笑うなのに
ふと思い出してしまいました。


  • レイ
  • URL

おとめさん beちゃん 今晩は^^&ありがとう~
二つも新しい事を教えてもらいました。

山笑う 良い表現ですね^^
昨日の感動を勢いで書いてしまいました。
もっと 適切な言葉があったかもしれませんが・・・
でもね、ホントに歌っているみたいでしたよ^^

譲り葉の言葉には深い意味があるんですね。
読んでいて静かな気持ちになりました。
ありがとう^^beちゃん
若い世代にさりげなく席を譲る。
そこに気負いも衒いもない。
そんな人になりたいです。

  • otome
  • URL
続き・・

ユズリハは縁起木でお正月のお飾りに使われてますね。
昔はどこの家の庭にもあったそうです。
小さなお店では暮れにこの葉っぱを束にして売ってます。
今は作られたものがほとんどで見るチャンスがないですけど、植物園にはありますよ。
小さなお店の主さんがそんなお話聞かせてくれます。

  • レイ
  • URL

おとめさん おはようございます^^
ユズリハはお目出度い木なんですね。
検索したら 花も見られました。
植物園に行ったら 見てみたいです。
小さなお店・・・そんなお話をしてくれるお店も少なくなってきましたね。
ありがとうございます。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback